MO雑記

MO(マジックオンライン)に関する記録など。

「ギデオンの誓い」と相性のいいPWは?

OGWで登場する《ギデオンの誓い》。

f:id:sabnach:20160112152355p:plain

トークン能力もさることながら、やはりPWを直接強化できる能力が特徴です。

誓いサイクルはもともと「PWに追加の忠誠度能力をもたせる」ものだったようですが、バランス調整が非常に難しいため現在の形に。その中でも、これはPWに干渉できる能力として残っています。

 

この《ギデオンの誓い》と相性がいいPWを考えてみました。

 ①色と戦略が合う

白であり、そして白が得意とするクリーチャー強化能力をもつPW。

《不動のアジャニ》

+1能力と-2能力が両方クリーチャー強化、トークンを有効活用できます。また、-2能力は他のPWに忠誠カウンターを置けますので、PWをたくさん積むデッキに最適。

《英雄の導師、アジャニ》

5マナの重さがネックですが、次のPWを探し出せる能力があります。100点ゲインの奥義に1ターン早く到達できるのも嬉しい。

《イニストラードの君主、ソリン》

初期忠誠度4で戦場に出ることで、強化の紋章を2ターン連続で獲得できます。

 

②いきなり奥義を発動できる

奥義をいきなり撃てることは、戦略上非常に重要なことです。現環境でギデオンが活躍しているのも、この特徴を持っているからというのがあります。

《エルズペス・ティレル》

5マナ、土地とトークンを除く全体除去に。《ギデオンの誓い》で出したトークンは残るため、うまくやれば勝負を決められる1枚です。

《求道者テゼレット》

あまり奥義をガンガン使うタイプではないですが、それでも決まればフィニッシュブローに。

《ボーラスの工作員、テゼレット》

こちらのテゼレットはより直接的にライフを削れます。ただしアーティファクト主体のデッキに《ギデオンの誓い》が入るスペースはなさそうですが…。

 

③その他

《精霊龍、ウギン》

忠誠度8で出れば、+2能力を一回使うだけで奥義が使用可能に。

《情け知らずのガラク》

特殊な変身条件を持つガラクも、忠誠度が1上がれば安全に変身できる可能性が高くなります。

 

 

忠誠度を増やすと言えば《倍増の季節》ですが、これは5マナと重く、単体で何も仕事をしないのがネック。《ギデオンの誓い》は3マナで、しかもトークンがPWを守る盾になることができます。

トークンも倍になるので、その2つを併用するPWガン積みデッキも楽しそうですね。